インビザラインが歯列矯正で勧められている理由

インビザラインというのは、マウスピースを使用した歯並びを矯正する治療法の一つです。
通常の歯列矯正は、金属などのワイヤーで歯を固定して歯並びを矯正していくので、金属アレルギーの人が治療を受けることができなかったり、見た目を気にしてしまうという人もいました。
インビザラインのようなマウスピースを利用した最新治療で行っていくと、金属アレルギーの人でも安心して利用することができます。
マウスピースなので自分の意志で簡単に取り外すことができるメリットがあります。

マウスピースの歯列矯正の一つであるインビザラインのメリットは、食事の時などは外すことができるということです。
常に歯列矯正の器具が歯に装着されていると違和感を感じることも多く、口の中を切ってしまうなどの可能性もあります。
インビザラインを使った治療法では、違和感も少なく痛みもないといったメリットがあるのでオススメです。

マウスピースを利用した歯列矯正は他にもあるのですが、なぜインビザラインがオススメなのかというと、通院する回数を減らすことができるからです。
通常のマウスピースを利用した治療を行っていく場合には、歯並びの矯正の状態によって何度もマウスピースを作り直す必要があります。
だいたい2週間に一度改めて歯の状態を確認して新しいものと変えていくので、何度も通院しなければならず大変です。
インビザラインの場合は一番最初に3Dを利用したシミュレーションを行い、状態に合わせた複数のマウスピースを作ってしまいます。
だから通院する回数を減らすことができるのです。

インビザラインも含めてマウスピースを利用した歯列矯正はメリットも多いのですが、デメリットもあります。
自由に取り外しすることができるのがメリットなのですが、一日のうちに一定以上の時間はつけておかなければいけません。
つけている時間が短いと、せっかく強制されてきた歯並びが再び戻ってきてしまうこともあるのです。
そうなると改めて治療をやり直さなければならないので、治療期間が長くなってしまう可能性があります。
また何個もマウスピースを作る必要があるので治療費が高くなってしまうこともデメリットといえるでしょう。

インビザラインのようなマウスピースを利用した歯列矯正は、身体への負担が少なく見た目も目立たないなどのメリットがたくさんあります。
どのような歯列矯正が向いているのかは、歯科医師としっかりと相談をして決めていきましょう。