差し歯ってなに?インプラントとどう違う?

笑顔の男性 歯の治療において誤解されやすいのが差し歯とインプラントの治療です。
まずインプラント治療とは歯がない部分にインプラント体というチタン製のネジのような部品を歯の根の代わりに埋め込み、それを人口の歯の根の代用とします。
他にも歯がなくなってしまった場合の治療法としては、ブリッジ治療や入れ歯治療も行えます。
他の歯に負担をかけることになってしまったり、見た目が天然の歯と違いすぎるので見た目が悪いまた使い心地が満足できる程度に達しないと感じる人も多くいます。

その点インプラント治療では、他の歯に負担をかけずに治療できますし見た目も天然の歯に近く使い勝手も良いと言われています。
ただしこの治療の場合、インプラント体を歯の骨に埋め込む工程、補てつ物をはめ込む工程、また材料費も全て自己負担になるのである程度の金額が必要になってきます。

差し歯とは一般的に自分の歯の中に人口の歯の付着した金属を埋め込むことです。
つまり歯の上部を失った時にのみ可能な治療法で自分の歯や歯の根の部分を土台として金属を埋め込みます。

差し歯と一言で言っても差し歯のかぶせ物にはさまざまな種類があります。
保険診療の場合、金属のかぶせ物で白い部分が硬質レジンで作られているものを使用します。
このレジンとはプラスチックの種類に含まれます。
保険の適用範囲は前歯と犬歯のみとなります。

この差し歯治療が良いのは、材質がプラスチックなので噛むときに衝撃を受けた場合微妙に変形し割れを防いでくれます、そして金額面でも負担を和らげてくれます。
ただしリスクがあることも確かで長年の使用により噛む衝撃、またブラッシングの回数の積み重ねで歯が削れてきます。
さらに材質上、時間の経過とともに黄ばみが出てきます。

他にも自由診療の場合、金属のかぶせ物にセラミックを焼き付けて白く見せるという方法があります。
これはインプラント治療でも用いられています。
メリットは材質が陶磁器という事で長年使用してもレジン製のように削れてくることがないので長年綺麗な歯の形を保つことが可能です。
ただしその反面、噛んだ時に強い衝撃を受けると持ちこたえることが出来ず限界を超えると割れてしまう危険があります。

このように差し歯とインプラント治療は全く異なります。
同じ人口歯根を埋め込む工程を行うため差し歯とインプラントは同じ治療法だと誤解している人は沢山います。
差し歯は土台が残されている場合に行える治療法でインプラントは歯を全て失ったり抜歯をしなくてはいけない場合に行える治療法です。